口コミとランキングで人気アイスクリームが探せる情報サイト【アイコレ】

アイコレ(全国ご当地アイスコレクション)

menu

奈良みやけの〇〇〇氷が凄すぎる!!ブルーベリー氷も2017.07.08

奈良、旧鴻池邸、みやけに氷を食べに行こう!!

最近、本当に蒸し暑いですよね。

今年は猛暑とか。

奈良も盆地ですので、暑いったらありゃしないですよ。(;´Д`A ```

こんにちは、ライターのこころでーす。

いよいよ、アイスなしでは生きられない季節の到来です。

今回ご紹介するのは、生駒市と奈良市のあいだくらいに位置します、富雄の「旧鴻池邸、みやけ」でございますよ。

その優雅な佇まい。

雰囲気のある豪邸の中に作られたお席は、趣もあり、とても素敵です。

この季節には、開店前から押し寄せるお客さんでいっぱい。

早めに行かないと、お目当ての氷にはたどり着きません。

でも、お近くにお越しの際は、是非とも行っていただきたいお店ですよ。

旧鴻池邸 みやけ

旧鴻池邸とは?

旧鴻池邸表屋は、鴻池善右衛門家の今橋本邸ですが、1837年に大塩平八郎の乱で焼失。

その後、再建され、戦後は大阪美術倶楽部の会館として使用されていました。

のちに1979年には改装に伴い、撤去が決まりましたが、製餡株式会社の二代目社長である三宅一真がこれを引き取り、資料館として残しました。

その後、もっと歴史的建造物に触れてもらいたいと出来たのが、カフェ「みやけ」です。

引用 みやけ 旧鴻池邸公式サイト

みやけの多彩なかき氷メニューにぞっこん。

もう何度「みやけ」に足を運んだことでしょう。laugh

どれを食べても外れはありません。

が、一番人気は何と言っても一日20食限定の「いちごミルク」なのです。

こちらを食べたいなら、開店時間までには、お店にたどり着いておいてくださいね。

それでもこの暑い季節には、食べ損ねることもあります。

でも、ご安心ください。

それ以外にも、食べるべき氷メニューは数々ございますよ。

マンゴーに、宇治金時、きなこ金時、そして一押しのブルーベリー氷です。

今回はそのブルーベリー氷と、貴重ないちごミルクをご紹介いたします。

みやけの「いちごミルク」を食べてみました。

こちらが幻の??「いちごミルク」です。

とにかく、一日20食しかないのに、注文率が高すぎる。

どのテーブルにも一つや二つは運ばれてきます。

ので、あっという間になくなるのです。

毎年、ゴールデンウイークの始まる4月29日から10月10日までの限定となっている氷のメニューです。

この期間、最初から最後まで、出来る限り「いちごミルク」のメニューを毎日出し続けたいと、小出しにしているそうですよ。

こちらの「いちごミルク」に使われている、いちごシロップは、大和郡山市の佃農園さんが大切に育てたいちごを使用しているため、本当に量が限られているとのこと。

その香り、色、もちろん香料、着色料は一切使っていませんから、自然そのもの。

どこか懐かしい、いちごに砂糖と牛乳をかけた味そのまま。

いちごがまた素晴らしく良い香りで、こんなに多い量なのに、飽きはきません。

いくら食べても舌も赤くはなりません。(笑)

いちごのつぶつぶ食感もうれしい、本物のいちごミルクですよ。

是非、一度は食べに来ていただきたい味です。

添えられた白玉は、すぐに硬くなってしまうので、早めにお召し上がりください。

柔らかな氷の、くちどけとともに、いちごの甘酸っぱさ。

ミルクの優しい風味。

きっと優しい気持ちになりますよ。

食べ損ねたら、優しくなれませんので、本当に見逃さないでくださいね。

値段 795円(税込み)

みやけ、ブルーベリー氷を食べてみました。

いつもなら、「いちごミルク」に間に合わなかったときは、「きなこ金時」や「宇治金時」を注文したりするのですが、たまたまブルーベリーが大好きな人と一緒に行った時、注文してみたのが、この氷との出会いでした。

たまには番狂わせなことをしてみるものですね。

ブルーベリー氷

 

こちらが、その「ブルーベリー氷」ですよ。

「ブルーベリー氷」は、6月頃にお目見えします。

私は、こんなにすごいボリューム感のブルーベリーをかつて見たことはありません。

本当に度肝を抜かれました。

それほどのブルーベリーの量です。

ふだん、スーパーで見かけるパック入りのブルーベリーをまるまる使ったとしても、足りません。

ってことは、これほどのコスパはないかも。

メニューで見た写真よりも実物の方が凄かった。

そして、その味です。

ブルーベリーの野性味のある甘酸っぱさ。

いちごとはちょっと違います。

蜜の美味しさは、素材の良さ

こちらも宇陀産の無農薬のブルーベリーをふんだんに使った蜜をかけていますので、なんとも風味が良い。

果実そのものの旨みが凝縮されています。

普段はそこまでブルーベリーは・・・・とおっしゃる人にも是非味わっていただきたい味です。

他のブログを拝見しても、皆さん案外と一日20食限定の「いちごミルク」よりも美味しかったという方が多いのが、うなづけます。

これはもう試してみるしかありませんね。

お近くに来られた際にはどうぞお立ち寄りください。

一番のおすすめになります。

値段 800円(税込み)

店舗情報

[住所] 奈良市鳥見町1-5-1(Googlemapでみる

[電話] 0742-51-3008

[営業時間] 10:00~18:00 (ラストオーダー17:00)

[定休日] 日曜日

まとめ

奈良市の外れ、富雄駅西口から鳥見通りを西へ400mの旧鴻池邸「みやけ」。

元々は製餡株式会社のお店ですから、今回ご紹介した「いちごミルク」や「ブルーベリー氷」の他にも、あんこの食べられる氷もございます。

カフェの外には、和菓子屋も別棟にあり、こちらで和菓子を買うことも出来ます。

歴史的な建造物の、静かなたたずまいを楽しみながら、素朴で自然そのものの蜜がふんだんに使われたかき氷を是非お召し上がりください。

ちょっと遠いけれど、不便だけれど。

またきっと行きたくなるお店です。

この記事の執筆者

こころのプロフィール画像

こころ

奈良在住の主婦。
日頃よりアイスや甘いものに浸るあま~~~い生活を送ってます(実生活は甘くはなし)。
アイスはキャンディータイプではなく、クリーム派。

ブログランキング参加しています!

それぞれ1日1クリックで投票ができますので、応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 スイーツブログ 冷菓子・アイスへ
にほんブログ村


アイスクリーム・ジェラート ブログランキングへ

この記事をシェア